Wracked and Ruined

Wracked and Ruined

Full Blast One-man Sonic Terminator







2018年10月12日金曜日

2018/11/03 (Sat)

ex-L'tronica Presents: Karkowski re:mix Tokyo Edition


Maciej Ożóg (Poland)
Tetsuo Furudate
Robert Piotrowicz (Poland)
Brian O'Reilly (Singapore)
PAINJERK (Wracked and Ruined)

DJs: Evil Penguin, Cal Lyall, Viti Tauta

@ Ochiai Soup
Door ¥2000
18:30 - 19:00 / Opening Screenings,
19:00 - 22:30 / Concert
22:30 / Closing

ex-L’tronica. Karkowski re:mix is a festival of electronic music and new media art. It presents the personage of Zbigniew Karkowski, one of the greatest Polish composers and virtuoso of avant-garde electronic music, who died in 2013.
The main objective of the project is to highlight the reception of Zbigniew Karkowski’s heritage, that still inspires a number of avant-garde musicians in Poland and abroad, and remains a vital issue for both scholars and experimental electronic music composers.
The project will be shown in six countries: Germany, Czech Republic, France, Great Britain, Japan, and the USA.

About Zbigniew Karkowski:
1958年、ポーランドのクラクフ生まれ。スウェーデンはイェーテボリの州立音楽大学で作曲を、イェーテボリ大学音楽学科で現代音楽美学を、チェルマー工科大学でコンピュータ音楽を学んだ。その後フランスに滞在した時にはIannis Xenakis、Olivier Messiaen、Pierre Boulez、Gerges Aperghisらと共に活動してきた。
アコースティックのみ、あるいはエレクトロニックとアコースティックを組み合わせた作曲活動を積極的に展開しており、オーケストラやオペラ、室内楽団向けなど数々の作品を手掛けた。それらの作品は、スウェーデン、ポーランド、ドイツなど、各国で演奏されている。また、ATAU TANAKA等とのプロジェクトSENSOR BANDは東京のICCでも公演を行った。
地理的、政治的、そして社会的な制約から離れ、放浪することが創作活動を行うにおいて必要であるという信念のもとヨーロッパを出たKarkowskiは、アメリカ、そして日本へと拠点を移している。伝統的なしきたりや、システム、方法論は彼にとっては壊さなければならないものであり、最新の作品ではエレクトロニック・サウンドとアコースティック・サウンドによって廃墟の風景を表現しようとしていた。
2013年12月に膵臓がんで亡くなりました。

0 件のコメント:

コメントを投稿